カバラン(カヴァラン) | 台湾からリトアニアに贈られたウィスキーとは?

リトアニア

リトアニアに台湾代表処が開設

(引用元:台湾外交部Twitter)

2021年11月18日にリトアニアに台湾の代表処が開設されました。

「台湾」の名前が付いた代表処が開設されるのはEU初で、注目を集めています。

リトアニアも近く台湾に窓口を開くことを決定しており、リトアニア・台湾は急速に親交を深めています。

一方、「一つの中国」を唱え、台湾は中国の一部と強く主張している中国は、リトアニアの動きへの非難を強めています。

台湾からリトアニアにカバラン(カヴァラン)のウィスキーがプレゼント

リトアニアに台湾の代表処が開設された祝賀の席で台湾からはカバラン(カヴァラン)のウィスキーがプレゼントされました。

リトアニアではウオッカなどアルコール度数の高いお酒が人気なので、台湾がリトアニアの好みを考慮してプレゼントした可能性も高いでしょう。

カバラン(カヴァラン)は台湾で製造されているウィスキーです。

2010年1月にスコットランドのエディンバラで開催された、ウイスキーのブラインドテイスティングイベントでカバラン(カヴァラン)ウィスキーは他を引き離して圧勝。

あっという間にカバラン(カヴァラン)の名はウィスキー業界へ広まりました。

「カバラン ソリスト バーボンカスク」を、天然水を使用してアルコール度数46%に調整しました。

  • アルコールの強い刺激が抑えられている
  • やわらかく飲みやすいウイスキー
  • バーボンカスク特有のバランスの取れた香りとまろやかさはそのまま
色合い:アマサギを連想させる黄金色(アマサギとはカバラン蒸留所付近に生息する野鳥)

風味:以下の香りが織り成す、豊かで多層な味わい

  • 自然でフレッシュなトロピカルフルーツの香り
  • ココナッツ
  • バニラや
  • ウッドスパイス

口当たり:

  • 自然の甘さがある
  • バニラやオークの香りの良いバランス
  • とてもまろやか
  • シルクのような滑らかな口当たり

カバラン(カヴァラン) | 台湾からリトアニアに贈られたウィスキーとは? | まとめ


 

2021年11月18日にリトアニアに台湾の代表処が開設されました。

リトアニアに台湾の代表処が開設された祝賀の席で、台湾からリトアニアに台湾製造のカバラン(カヴァラン)のウィスキーがプレゼントされました。

リトアニア・台湾は急速に親交を深めています。

そんな中、「一つの中国」を唱え、台湾は中国の一部と強く主張している中国は、リトアニアの動きへの非難を強めています。

今後のリトアニア・台湾・中国の動きは注目です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました