リトアニア人と国際恋愛5年の私が旅行でリトアニアをおすすめする理由5選

旅行

リトアニア人と国際恋愛5年の私が旅行でリトアニアをおすすめする理由5選

注意事項:本記事は新型コロナウイルス流行前の旅行記となります。
最新の情報をご利用者様ご自身でお確かめの上、ご利用ください。


(リトアニア国旗。黄色、緑、赤のトリコカラーです。)

今回は東ヨーロッパにあるリトアニアを紹介します。

Pちゃん
Pちゃん

ぼくが住んでいる国です!

自己紹介記事でも書いたのですが、

わたしの相方Pちゃんはヨーロッパのリトアニア出身です。

なんども行ったことがありますが、リトアニアは旅行先としておすすめの場所です。

物価が安い
治安が比較的いい
世界遺産がある:首都ビリニュスの旧市街地
リトアニア人はやさしい
メジャー観光地よりは混んでいない

リトアニア(Lithuania)

リトアニアは東ヨーロッパにある国です。

エストニア・ラトビア・リトアニア3か国はバルト三国ともよばれています。

リトアニアはバルト三国(エストニア・ラトビア・リトアニア)で最も南にある国です。

首都はビリニュス(Vilnius)。

首都ビリニュスは東側。リトアニアの西側はバルト海に面しています。

世界遺産

ビリニュスの旧市街地(オールドタウン)は世界遺産に認定されています。

ビリニュス歴史地区(引用元:Wikipedia)

Vilnius Historic Centre (UNESCO公式サイトに飛びます。英語です。)

物価がわりと安いのでお金の面でもおすすめです。

日本からのリトアニアへ行く方法

フライト

直行便はないので経由便で行くことになります。

いちばん便利で飛行時間が短いのはフィンエアー(フィンランドのヘルシンキ経由)。

その他にポーリッシュエアライン、ターキッシュエアライン、ルフトハンザなど。


駅みたいですが国際空港です。黄色いバスは市バスです。

ビリニュス空港から市内へ

以下のような方法を使うことができます。

  • バス。No.3Gのバスが市内中心部まで行きます。
  • 電車(ビリニュス鉄道駅まで)。バスよりは本数が少ないです。
  • タクシー。ぼったくりタクシーもいるので配車アプリなどを使った方がいいようです。

ホテルはオールドタウン付近の方が治安が良くおすすめ

治安を考えるとオールドタウン付近のホテルがおすすめです。

数年前にCorner hotel(コーナーホテル)というホテルに宿泊しました。

トリプルルームで一泊一人当たり3000円とびっくり価格でした。

部屋もきれいでエアコン、共用のコイン式洗濯機もありました。

朝食のビュッフェがすばらしかったのでおすすめです。

★★★ コー​​ナー ホテル, ヴィリニュス, リトアニア
ヴィリニュス、コー​​ナー ホテル – 予約はすべて最安値保証!Booking.com:クチコミ3799件、 写真38枚を提供。

コロモモおすすめビリニュスの観光地

ビリニュス観光基本編。ガイドブックにものっているまず訪れたい観光地です。

  • ゲディミナス城(Gediminas’ Castle)

  • ビリニュス大学(Vilnius University)


大学なのですが観光地になっていて、入場料は1.5ユーロ(2019年当時)。

大学内にあるベルタワーに登ると上からビリニュス市内が一望できます。


↑ベルタワー


↑ベルタワーから見た市内の眺め

  • 大聖堂(Cathedral square)

冬はクリスマスマーケットが開かれます。

  • オールドタウン(old town)

ビリニュス大学周辺がオールドタウンと呼ばれる部分で、

おみやげやさんやレストランがたくさんあります。

  • テレビ塔(TV tower)


市街地からは少しはなれれますが、展望台があります。

  • 聖アン教会(St. Ann’s church)


ゴシック調の教会。美しさに魅入られたナポレオンがフランスに持ち帰りたいと言ったとか…。

リネン製品が有名

リトアニアはリネン製品が有名です。

オールドタウンにはリネン製品をあつかうお店がいくつもあります。

また出店でおばちゃんたちがリネン製品を売ってたりします。

スカーフ、カーディガンなどの洋服類が良く売られています。

リネン製品を試したことがない方は、まずタオルなど小物から手に取ってみてはいかがでしょうか?

バスケットボールが第二の宗教

リトアニアで最も愛されるスポーツはバスケットボール。NBAにも選手を輩出しているそうです。

私は2回試合を見に行きました(*’ω’*)

チケットも10ユーロ程度でした。

初観戦はまさかの一番前の席(ベンチの逆側)!

ボールは飛んでくるし、ハーフタイムにチアリーディングの美人なお姉さんにお菓子をもらった(ファンサービスで配ってた)のは良い思い出です。

言語

公用語はリトアニア語。旧ソ連の国なのでロシア語を話せる人も多いです。

若い年代の人だと英語を話せる人も多いです。

リトアニア人はやさしい

シャイだけど親切。私のリトアニア人に対する印象です。

街並みも昭和~平成の日本を思わせるどこかゆったりとした空気が流れています。

ヨーロッパの国の中でも日本の文化とにていると感じます。

まとめ:[リネン]私が海外旅行でリトアニアをお勧めする理由[世界遺産]

  • 物のねだんが比較的安い
  • 世界遺産のまちを観光
  • 質がよいなリネン製品
  • バスケットボール観戦もおすすめ!

以上、私がリトアニアをお勧めする理由でした。

少しでもリトアニアに興味を持っていただけると嬉しいです。

Pちゃん
Pちゃん

ぜひリトアニアにきてくださいね♪

食事やお土産についてはまた別記事で紹介したいと思います(*’ω’*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました