【休職→退職→転職経験あり】仕事がつらいと思ったら休職しよう

転職・英語
本記事では私の体験談をもとにした私の考えを書いていますが、必ず専門家の判断を仰ぐようにしてくださいね。

【休職→退職→転職経験あり】仕事がつらいと思ったら休職しよう

 

あなたがこの記事にたどりついたとき、もしかしたら仕事がつらくて逃げ出したいと思っているかもしれません。

つらい、休みたい、休日だけでは回復しない。

そうであれば、いっそ休職して自分の回復に努めてはどうでしょうか?

コロモモ
コロモモ

わたしもあなたと同じような経験をしました。だから強く伝えたいのです。

まずは休みましょう

  • 病院へ行き(心療内科か精神科)、診断書をもらう
  • 診断書を会社に提出し、休職する
  • 心身の回復を優先し、そのあとで復職するか転職するかは考える

つらさの感じ方は人それぞれ。

仕事がつらくてつらくて逃げ出したいと思っているあなたは、「どうして自分はみんなのようにがんばれないんだろう?」ってじぶんを責めていませんか?

あなたは十分がんばっています。あなたが今の状況をつらい、これ以上たえられないと思うのであればそれはあなた自身のSOSだと思うのです。

例えば石につまづいて転んでしまったとき、人によって反応は違いますよね?

Aちゃん:泣き叫んで大号泣

Bちゃん:涙目になったけどがまん

Cちゃん:全く泣かない

Aちゃんが弱くて、Cちゃんが強いのでしょうか?

人それぞれ感覚がちがいます。だから転んだ時の反応がちがうのだと思うのです。

あなたが今、仕事がつらいと感じていることも同じだと思うのです。

あなたは自分自身の痛みに気づくことが出来るすばらしい人だと思うのです。

そんなあなたの身体がつらいとSOSを出しているのです。

あなたは十分がんばってるよ、だけどつらいよ、限界だよ。

であれば一度しっかり休んで心身を回復して、また自分のやりたいことをしませんか?

私の場合

会社に行けなくなってしまった

私の場合、2社目の会社で勤めて半年ぐらいたった時に、休職しました。

くわしいことは省きますが、職場でいすに座ってることすらつらくなり、病院にかけ込みました。

お医者様とおはなしした結果、診断書を出してもらい休職することになりました。

悩んだ結果、退職

休職後の選択として以下があげられると思います。

  1. 同じ部署に復職
  2. 別部署への移動をお願いする(実現するかは会社の判断次第)
  3. 転職する

私の場合、色々なやみましたが退職することにしました。

2度目の転職

退職後、一度実家に戻りました(この間に休職原因の治療は終了)。

その後転職活動を行った結果、現在の会社に勤めています。

休職を経験した私があなたに伝えたいこと

あなたは十分がんばってます。

そんなあなたが今、仕事をつらい、逃げたいと感じているなら、休職してしっかり体を休めてほしいです。

ありのままのあなたがすてき、人と比べなくていいんです

まとめ:仕事について自分がつらいと思ったら休んでいい

仕事がつらい、もう限界と感じたら

まずは休みましょう

  • 病院へ行き(心療内科か精神科)、診断書をもらう
  • 診断書を会社に提出し、休職する
  • 心身の回復を優先し、そのあとで復職するか転職するかは考える

健康であってはじめて仕事を行えると思います。

あなたはとても素敵な人です、大丈夫。

だからつらいなら一回休もう?

何か参考になれば幸いです。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました